現時点の考え 〜 安保法制について

基本的に法案成立を支持しています。(法案を読んだ上で、 ^皿^;)
懸念点は

  • 日本がテロなど、国際的な暴力行為の標的になる確率が高くなるのではないか?

この一点かな…

現状において日本は国際的なテロ行為の対象に、あまりなっていないと認識しています。
9条を掲げる日本の無害オーラを察知してそうなっているのか、そうじゃなく別の理由があるのか。
前者であれば、今回の一連の法案が可決されることによりアメリカ憎しの人たちが「ブルシット!ジャップ!」ってなる可能性は十分考えられます。
ということで上記を懸念しておりまする。

当方、7才男子の親ですので世間で云々言われている徴兵制が現実のものになるとすれば、あらゆる論理的思考を棚上げして反対します。
が、正〜〜〜っ直、今回の安保法制に関する議論の中で納得できる徴兵制へのシナリオが思い描けませんでした。

戦争法案、っていうのが見当違いなのか、ってあたりもぼくの知見では是とも否ともいえません。
逆にその辺り明言している人はすごいなぁ、よく勉強してるんだ(ろう)なぁ、なんて感心してます。

しかしながら戦争できる国にしたくて云々ってリアリティーがなさすぎませんかね…
日本が他国に戦争しかけるってなんもメリットを見いだせないし、死の商人が手ぐすね引いている、っていうのも同様です。

@mimosafaが投稿した写真

いまそこにある危機を回避するのに今回の一連の法案はしかるべきものではないでしょっか

こういった印象を持ってます。

が、さて、ぼくがこう考えるに至ったのも政府に誘導された印象操作だ!なんてことが事実であった場合、、、

それはもう白旗でしょう( ゚Д゚)y─┛~~ コノネットワークシャカイデソコマデヤラレチャァネェ…